看護師のハードワークの問題-看護師NEXT-次へのステップを踏み出すお手伝いサイト

HOME   >   看護師のハードワークの問題

看護師のハードワークの問題

看護師の仕事は肉体労働?

美人看護師 一般に看護師と言うと華やかなイメージや清楚なイメージがある職業だと思いますが、現実には看護師と言う仕事はかなりのハードワークな内容となっています。
その運動量はすでに肉体労働と言っても過言ではなく、医療機関である以上小さなミスも許されません。
これは別項のストレス問題に共通している事ですが、命と言うものを扱っている以上その精神的な疲労も相当なものだと言えます。

最近では男性の看護師なども徐々に増加しており、体力が必要な機材運搬などで活躍してくれていますが、男性の看護師と言うものは絶対数が足りません。
ただでさえ社会では看護師そのものが不足していますので、体力作業は男性看護師に・・・なんて環境は限られています。

そうなると当然女性であっても機材運搬や移動、患者さんの移動補助などをこなさなければなりませんし、一人の看護師が複数の患者(5~7名)などを受け持つ事と合わせても、それはもうまさに『激務(ハードワーク)』と言っても差し支えないでしょう。

上記からも判るように看護師の仕事は華やかさなどとは程遠いものです。
離職、退職する理由は他にもありますが、間違いなく看護師の離職率を高めている要因の一つだと言えると思います。
看護師の補助を勤める准看護師なども多いのですが、それを持ってしても社会全体で看護師が不足していると言う状況なのです。

医師や専門医もそうですが看護師無しでは医療機関が成り立ちません。
しかし無理を強いて仕事を続け身体や心の限界を迎えて退職などを思うようになりましたら、まず『転職』と言う選択肢がある事を忘れないように心掛けましょう。
看護師不足だからこそ現代社会は看護師に快適な勤務を行う事が出来るようにと、様々な工夫が施されているからです。

ナースのスキルアップに関する問題

TOPページ