業務に関するストレスの問題-看護師NEXT-次へのステップを踏み出すお手伝いサイト

HOME   >   業務に関するストレスの問題

業務に関するストレスの問題

看護師業務によるストレス

仕事に関してストレスを感じる事は変な事ではなく至極真っ当なものです。
特に看護師不足が問題視されている現代社会では一人辺りの負担が増える→ストレスを抱えるようになる→体調不良やうつ病などを発病→退職して人数が減り一人辺りの負担が更に増加・・・と言う悪循環に陥っている医療機関も少なくはありません。

胃痛や吐き気、めまいなどもストレスからくるものですし、ハードワークで知られる看護師が感じるストレスの多さは押して知るべしと言えるでしょう。
精神的にも常に気を張っていなければならず満足な休暇すら得る事が出来ない。

こう言った要因がストレスを更に加速させてしまいますし、事実看護師と言う職種は離職率の高さが極めて高い仕事です。
無論必要とされている職種ですので就職率も飛び抜けて高いですが、新卒の看護師でも10人に1人は1年以内離職すると言うケースが非常に多く発生しています。

そんなストレスを抱えて勤務を続けている看護師には、転職と言う選択肢をお勧めしたいと思います。

転職は仕事に対する逃げではない!

看護師 中には転職する事を自分の弱さ、悪い点ではないかと勘ぐってしまう方もいますがそれは違います。
どんな仕事であれストレスを感じる事になりますが、自分を殺してまで我慢して勤務していてはそれは苦痛以外の何物でもなくなってしまいます。

働いて給与を得る以上はやはり快適に勤務出来る環境が望ましいと思いますし、こと看護師であればそう言った求人を見つける事が出来る確率は高い事でも知られています。
繰り返しになりますが転職は決して『逃げ』ではありません。

環境を改善出来る可能性や選択肢があるのであれば、是非ともそう言ったものを有効的に活用する事を心掛けていきましょう。


職場の人間関係の問題

TOPページ